free_Json's blog

自由気ままに発信します!

#47 「DAISO ステンレス箸 VS モンベル 野箸」

どうもjs0nです✋

今回もDAISOさんのアウトドア比較ネタ書いてみます。

モンベル「野箸」とDAISO「ステンレス箸」比較

f:id:free_Json:20210509133135j:plain

js0nがアウトドアで心掛けているのはズバリ「eco」。再利用できるものを使用しなるべくゴミを出さないようにしています。

そんな一環で以前は割り箸を使用していたのですが、現在は、モンベルの「野箸」を使用しています。

ただ、DAISOでもコスパの良い箸があるので比較していこうと思います。

 

DAISO ステンレス箸

f:id:free_Json:20210509134726j:plain

DAISOで販売されている「ステンレス箸(セパレート)」がこちら👆

一応、ばらばらにならないようにゴムバンドがついています。

f:id:free_Json:20210509135131j:plain

箸の先端部分と持ち手部分が分かれていてねじ山を回し使用します。

 

 

モンベル 野箸

一方、モンベルの「野箸」がこちら👇

f:id:free_Json:20210509135611j:plain

専用の収納ケースが付属しています。

 

f:id:free_Json:20210509135423j:plain

持ち手部分に先端部分が収納されていて引っ張り出すタイプです。

f:id:free_Json:20210509135808j:plain

先端部分は、天然木になっていて質感が良いです。

 

比較

収納時

二つ並べてみるとこんな感じ👇

f:id:free_Json:20210509140113j:plain

長さはほぼ変わりませんが収納の際のコンパクトさに差が出ます。

使用時

f:id:free_Json:20210509140249j:plain

伸ばしてみるとこんな感じです。若干DAISOステンレス箸が細くて長いですね。

 

価格

DAISOステンレス箸・・・ 110円(税込み)

モンベル        野箸・・・2640円(税込み)

 

価格差24倍!この差は、でかいですね(^^;)

 

使用感

当然、モンベル 野箸の方が質感も良く使いやすいです。

DAISO ステンレス箸は、持ち手が細いので若干持ちにくく、オールステンレスの為、「滑りやすい」「カチカチ」と音が鳴るのが気になります。

 

 

まとめ

使用した感じは、モンベル 野箸が圧倒的勝利・・・と言いたいところですが、何よりコスパの良さを考えると多少の使いにくさなどを気にしなければDAISOステンレス箸も十分使えると思います。メスティン同様こちらもおススメです👌

最後まで読んでいただきありがとうございました。