free_Json's blog

北海道から 自由気ままに発信します!

#46 「PCR検査行ってきた。 発熱~PCR検査までの手順まとめ」

どうもJs0nです✋

今回のテーマは、各地で拡大傾向にある「新型コロナウィルス」のPCR検査についてです。

発熱や風邪・コロナの症状などが出た場合、まずはどうしたら良いの?と思われた方へなるべく簡単に分かりやすく解説していこうと思います。

 

発熱・その他の症状がでたら

この章は、体験談です。お急ぎの方は次項へスキップしてください。

 

昨晩、「何か寒いな・・・」と思って体温を測ってみると37.5℃。

「えっ!ヤバくね?」と、早めに就寝。

夜中、目が覚め、体温を測ると38.9℃・・・

「きたか...とうとう来たのか?」この時期の発熱はやはりコロナが頭をよぎります。

js0nの症状は、発熱と腹部の違和感のみで、いわゆる風邪の症状は皆無でした。コロナ特有の嗅覚・味覚障害などもなくさほど辛さは感じません。

ただ、体温が37℃~38.9℃の範囲を乱高下するという奇妙なもので、職場へ連絡し仕事を休みPCR検査を受けようと調べる。

 

まずは、かかりつけ医
または発熱相談窓口へTEL

とはいうものの、

どこに連絡して

どこへ行けばよいのか?

どこでもPCR検査ができるのか?

手順がイマイチ分かりにくい・・・(・_・;)

調べても理解力がないjs0nは、そのままネットサーフィンへ脱線してしまうので自宅から一番近い病院へとりあえずTEL。

 

js0n
「昨晩から発熱があり検査を受けたいのですが」

 

看護師さん「発熱がある方はうちでは受診することができないので発熱相談窓口へ電話してPCR検査が出来る病院を確認してください。」

 

~相談窓口の電話番号を聞き、相談窓口へTEL~

 

js0n
「発熱がありPCR検査を受けたいのですが」

 

相談員「いくつか質問させていただきます。」

 

そういって

 

・「現在の症状」

・「コロナウィルス特有の症状があるか?」

・「身近に感染者・濃厚接触者がいるか?」

・「感染拡大地域への往来や夜の街での飲食を2週間以内にしたか?」

 など、簡単な質問を受けます。正直に答えましょう☝

 

質問後、コロナの感染の疑いが強い人と弱い人で振り分けされているような感じがします。

js0nの場合は、感染の疑いが弱いと判断されたみたいで自宅から比較的近い検査対象病院を紹介してもらいましたが、感染の疑いが強い人は違う案内をされるかもしれません。

紹介された病院へTEL

紹介された病院へ電話し相談窓口で紹介を受けた旨を伝えると先ほどと同じ質問をされます。(-_-;)

まぁ、我慢しましょう。

PCR検査を実施する病院は当番院のように持ち回りでやっているようで個人病院(耳鼻科)を案内されました。

検査できる時間帯も11時30分~12時・15時~17時と範囲が狭く混雑時には受けられない可能性があります。

念のため2~3軒の病院を教えてもらった方が良いでしょう。

PCR検査予約

予約時の注意事項は・・・

①検査30分前から飲食・うがい・喫煙の禁止。

②必ずマイカーでくること。

これは地域性(大都市圏と郊外など)で変わってくるかと思います。

③到着後、病院の中へは入らず駐車場に到着したら病院へ連絡。

④料金は万札・5千円札ではなく千円札で

 

このようなことを電話で説明されました。

PCR検査はマイカーの中で実施

f:id:free_Json:20210420182243j:plain

到着後、

①病院へ連絡し所定の場所へ車を移動するよう指示される。

②指示された場所で待機していると防護服を着た医師がPCR検査用の手順書と容器を手渡してくれる。(この時に保険証を渡す)

③唾液を容器に定量入れたら再度、病院へ連絡。

 ※(この際、容器を回収すると同時に保険証とお釣りをビニール袋に入れて渡されるのでもし大きいお金しかない場合は事前に申告しましょう。

気になる費用は?

 

f:id:free_Json:20210420181936j:plain

PCR検査にかかった費用は、3割負担で1800円でした。

この他にも解熱剤などを希望する場合は別途料金が発生します。

検査結果について

検査結果については、遅くても翌日の午前九時までには分かると言われました。

 

追記 検査結果は陰性との連絡が翌日ありました。

 

これも感染拡大地域、大都市圏などでは更にかかるかもしれませんね。

まとめ

 

以上が一連の流れです。箇条書きでまとめると

 

①担当医・相談窓口へTEL(相談窓口の番号が分からない場合は、身近な病院へTEL)

 

②相談窓口で、PCR検査対応病院を紹介してもらう。

 

③当該病院へ連絡しPCR検査の予約を行う。

 

④車内で検査を実施。(地域で異なる可能性あり)

 

⑤検査費用は1800円(地域で異なる可能性あり)

 

⑥検査結果はすぐは出ない。(地域で異なる可能性あり)

 

 

js0nの場合、コロナ感染対策はしっかりととっているのでコロナではないと自信があるのですが、万が一の場合や、職場へ復帰する際に少しでも職場の仲間の不安を取り除くために検査を受けました。

検査費用も安いので、自身は勿論のこと、大切な人たちを守るためにも積極的に活用しましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

#45 「たっくーTVれいでぃおさんの動画 【旭川14歳女子死亡】『原因はイジメ』また加害者は少年法で守られてしまう について」

 

どうもjs0nです。

Mr.都市伝説 関暁夫さんが好きで動画を観ていて存在を知りました。

「たっくーTVれいでぃお」さん、様々な出来事や事件などを取り上げられています。

そんな「たっくーさん」が2021年4月17日にアップされた動画がこちら👇

 


www.youtube.com

 

 

事件の概要と加害者・学校側への取材

この事件は、北海道旭川市で2021年2月13日、氷点下17度という寒さの中、家を出たまま行方不明となり翌月3月23日に公園で凍死している状態で発見されたという痛ましい事件です。

動画を観てわかるように「文春オンライン」では、加害者側や学校への取材などから「加害者側に罪の意識や反省が見られないこと。」「加害者の親も自分の子供ではなく被害者家庭に問題があると責任転嫁」「学校側・担任教師のいじめに対する対応や隠ぺい体質」などが詳しく書かれています。

 

 

少年法と保護者・学校への責任追及について

何故、このような事件が起きてしまうのでしょうか?

未成年の更生を目的とした「少年法」の根幹には「少年(未成年者)には可塑性(かそせい)がある」という考えがあります。

「可塑性(かそせい」聞きなれない言葉ですね。

可塑性とは、「変形しやすい性質。外からの力を取り去っても歪みが残り、変形する性質」のことです。ますます意味が分からないですね。

イメージで例えると「粘土」が良いでしょう。

外からの力(手でこねる)が働くと粘土は変形し、こねるのを止めると粘土は変形したまま元の形には戻りません。

f:id:free_Json:20210418122940j:plain

 

この粘土を少年の心に置き換えると「少年の心が歪んでいても、外から力を加えればいくらでも更生できるしその後の人生を変えられる」という趣旨のようです。

この趣旨に違和感を覚えるのはJs0nだけでしょうか?

今回の加害者達は、証拠不十分や口頭注意で少年法の裁きすら受けていないのです。

そして、仮に少年法で裁かれたとしても反省が見られない加害者たちに、保護者の常軌を逸した発言や学校側・担任の非常識な態度、これらをみて一体、誰が外からの力になれるのでしょうか?

 

そして、加害者たちのとった行動で何の罪もない一人の命を奪ったことに反省すらできないような人間が仮に未成年であったとしても それは自在に形を変えられる粘土ではなく、「石膏のように固まった紙粘土」であり、外から力を加えると割れて壊れてしまうのではないでしょうか?

 

加害者や加害者の周りの環境をみて一体、誰が更正できると思うでしょうか?

 

被害者の方の人生は、加害者、そして保護者や学校・担任等に壊されたのです。

 

どれだけ恐かったか、どれだけ無念だったか、当たり前の生活を当たり前に生きていくことさえできず、助けを求めても叶わず、どんな想いで毎日を過ごしていたか?

考えるだけで涙が止まりません。

 

できることなら、優しく、温かく包み込んで美味しいものや楽しいこと、やりたいことを沢山させて笑顔にしてあげたい・・・面識のない人に対してこんな感情を持つのはおかしいかもしれませんが悔しくてなりません。

 

それと同時に加害者や保護者を含む周りの関係者に対して煮えくり返るほどの怒りの感情が沸いてきてしまいます。

 

たっくーさんも言っていますが、どうして被害者の名前が公表されて、加害者は、守られるのでしょうか?

命を絶ってしまった人間の人権は守られず、罪の意識さえない加害者のプライバシーは守られるのでしょうか?

皆さんは、これで本当に、いじめというものがなくなると思いますか?

 

現在、インターネット上では加害者・保護者・担任教師・学校の情報などがどんどん特定されているようです。

 

司法のあり方について

 

少年法」がこれほどまでに加害者を守るものであるならば、「暴対法の使用者責任」のように「少年法の保護者責任」「いじめに関する学校責任」を設け多角的なアプローチもしていかなければ、この無責任な加害者たちは、何も反省することなく、日常生活を過ごしていくことになるでしょう。

 

 

選挙権の年齢引き下げは、現代社会において未成年者の成熟が早いことを意味しています。

 

日本という国は、都合の良い部分だけ未成年者を大人扱いして都合の悪い部分は、子ども扱いなのでしょうか?

 

早急な法改正を願って止みません。

 

 

 

廣瀬爽彩さんに捧ぐ

 

f:id:free_Json:20210418212651j:plain

 

爽彩さん、今どこで何をしているでしょうか?

苦痛からは、解放されましたか?

あなたの苦しみを今さら知った自分が悔しいです。

もっと早く知っていれば・・・

そんな想いに支配され悔しくて悲しくて心が痛みます。

どうか天国では、暖かい場所で嫌な記憶も消え笑顔で元気にしていて欲しいと切に願います。

あなたの死を絶対に無駄にしません。

あなたが大好きです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 



 

#44 「~心の風邪~ うつ病セルフチェック」

どうもjs0nです。

今回は、js0n自身が経験した「うつ病」についてリレーしていこうと思います。

静かに忍び寄る病気「うつ病

f:id:free_Json:20210415095453j:plain

もしも、この記事を読もうと思われたのなら、きっとあなた自身が、若しくはあなたの身の周りにいる大切な方が「うつ病」であるか、うつ病なのかもしれないと感じているのではないでしょうか?

今回は、そんな方に自分自身の経験を交えながら「うつ病」との付き合い方について書いていこうと思います。

 

心の風邪と言われることもある「うつ病」。 楽観的で超大雑把なjs0nにとって自分には、全く関係ないものだと思っていました。 ただ、この「心の風邪」は、自分では気づかない間に静かに忍び寄る誰の身にも起こりうるものなのです。

自分の経験をもとにチェックリストを作ってみました。 あなた(大切な方)の心の状態を確認してみましょう。

 

あなたの心の状態は?

   

①  気づいたらぼーっとしている

②  睡眠時間が減った(けど眠くない)

③  理由もなく不安になる

④  理由もなく悲しくなる

⑤  体重が減った(のに自覚がない)

⑥  笑わなくなった

⑦     うるさい場所が苦手になった

⑧     人が多い場所が苦手になった

⑨     時間の感覚がバグる

⑩     夢と現実の区別がつかない時がある

 

 

 

チェックが多いほどうつ病の可能性が高いと思われます。

それでも「自分(大切な人)はうつ病じゃない」と自覚症状がないようなら要注意です⚠

 

次項では上記のチェックリストの具体的な状況を説明していきます。

 

こんな症状ありませんか?

 

気づいたらぼーっとしている

普段どおりにしているつもりなのにふと我にかえるとボケーッとしているようなことがあるなら「危険信号」かもしれません。

 

睡眠時間が減った(けど眠くない)

f:id:free_Json:20210415095837j:plain

中々、寝付けなくなったり、寝るのを諦めてスマホをいじるようになったりするのは、「うつ病」を気づきにくくする行動です。 そして、眠れていないのに眠気を感じないのは「危険信号」です。

 

理由もなく不安になる

普段なら気にも留めないような事で不安を感じたり漠然とした不安でモヤモヤすることがある場合も「危険信号」です。

 

理由もなく悲しくなる

f:id:free_Json:20210415102852j:plain

js0nは「喜怒哀楽」の「哀」の感情しか無くなったかのような状態になりました。

明確な理由がないのに人目をはばからず泣いてしまう・涙が出てくるなどは「かなり危険な状態」です。

 

体重が減った(のに自覚がない)

f:id:free_Json:20210415100104j:plain

鬱の状態になってしまうと自分の身の回りで起きていることに無関心になり変化に気づきにくくなります。実際にjs0nは1ヶ月で9kg痩せていたのに全く気づいていませんでした。

 

笑わなくなった

f:id:free_Json:20210415103057j:plain

これは、自分で中々、気づけないものでしたが、久々に会った人に自分がうつ病だと気づかれたくなくて愛想笑いをした時に、顔がパキパキと音を立てているように感じ「あーもう3ヶ月も笑っていなかったんだ」とそこで初めて感じたことがありました。笑い方を忘れてしまっていたのでしょうね。

 

うるさい場所が苦手になった

f:id:free_Json:20210415100330j:plain

生粋のギャンブル好きで三度の飯よりパチスロが好きだったのですが、大きな音が怖くなりパチンコ屋へ行くことができなくなってしまいました。 今、考えるとこれは本当に良かったと思えることなのですが・・・

 

人が多いところが苦手になった

f:id:free_Json:20210415103402j:plain

これもうるさい場所と共通している部分があるのですが、人の目が怖くなったのが最大の原因です。兎に角、他人がどう感じて自分を見ているのか?が怖くてたまらなくなってしまいました。

 

時間の感覚がバグる

f:id:free_Json:20210415100516j:plain

睡眠障害のせいなのかはわかりませんが、一睡もできず朝方、ボケーッとしていたら、ふと気づくと一瞬で夕方になっていたり、もう1時間くらい経ったと思っていたら10分しか経っていないなど時間の感覚に違和感を感じることがよくありました。

 

夢と現実の区別がつかない時がある

f:id:free_Json:20210415101457p:plain

時間の感覚もおかしくなっているのでまるでパラレルワールドに迷い込んだかのような感覚に陥ってしまい現実の世界がまるで沼の中を泳いでいるように重く感じたり、夢(ほぼ寝ていない仮眠的な状態)の世界が現実のように感じたりして、夢と現実の境界線がわからなくなることが多かった記憶があります。

 

以上がjs0n自身が経験したうつ病の症状です。

ただ、先程も触れましたがこの症状があるのにも関わらず「自分はうつ病ではない(気づいていない)」と思っていることが一番問題だったのだと思います。

 

 

 

次項は、うつ病を自覚してからの自分の心境と行動について書いていこうと思います。

うつ病を自覚してからの心境と行動について

うつ病を自覚するようになってから急激に症状が悪化し仕事中に急に身体が震えたり涙が止まらなくなったりするのでその度に体調不良を理由に仕事を早退したり休んだりするようになりました。

 

一人きりの空間で酒を飲むという行為で現実逃避するのが常態化していきました。

 

ただ、このままではいけないという思いも頭の片隅にあり、自分の両親や会社の上司には、自分の今の状況を打ち明けることにしましたが共に理解はしてくれたものの、どう接してよいのか戸惑っているようで、病院へ行くことを勧められ言われるがまま心療内科を受診しました。

 

~病院の待合室で問診票を書かされる~

 

医者
「今日は、どうされました?」

 

Js0nうつ病のような症状がありまして」

 

医者
「何か思い当たる原因は?」

 

Js0n「いくつかあります。」

 

~js0nのうつ病になる原因は1つではなく色んな事が重なった複合的なものであることをなるべく隠さずに説明する。~

 

医者
「色々あるみたいだけど、自分で自分を追い込みすぎてるんじゃないの?」

と、小ばかにするように鼻で笑ったり、時々、挑発するような言動が目立ったが特に言い返す気力もなくただただ冷静に受け答えをした。

 

~しばらく、沈黙が続いた後、医者がさっきまでの挑発的な言動とは別人のような優しく穏やかな口調で~

 

医者
「先天的なうつ病じゃない限り、何かの原因があってうつ状態になるのは人間の正常な反応であってそれを私はうつ病と診断はしません。」

 

~問診票を見ながら続ける~

 

医者
「ただ、睡眠障害がひどいみたいだから安定剤を処方しておきますね。」

 

Js0n「ありがとうございます。」

 

帰り道、医者が挑発的な言動を繰り返していたのは、「怒り」という感情を表に出すことができるかどうか?を試されていたんだということに気づく。 そして、処方された薬をネットで調べてみるとしっかりと抗うつ薬だった。

 

その後、処方された薬も飲まずに、寝ない・食べない・酒浸りの日々が続いた。

 

仕事も休み、自分の部屋に引きこもり1か月で9キロ体重が減少したのに気づいたのは、筋力が落ちて手すりを使わないと自力で階段を下りられなくなった時だった。

 

「このままなら死ぬかもな」と命の危険も感じてはいたものの焦りもせず半ば観念したような感情に支配されていました。

 

 

症状改善のきっかけ

そんな状態がしばらく続き、仕事もこれ以上、休むわけにもいかないという焦りとで、何とかこの状況から抜け出そうと抗うほどにドツボにハマっていくという悪循環が続きました。

 

眠ることも笑うことも食べることも今まで当たり前にしていたことが、まともに出来ない自分に絶望し全てがどうでも良くなり、現状を受け入れて堕ちるとこまで堕ちようと開き直った時から何故か症状が改善していったのです。

 

 

 

開き直る覚悟と勇気

 

f:id:free_Json:20210416091223j:plain

誰だって辛い状況からは早く抜け出したいものです。

ただ、足掻けば足搔くほど裏目に出てしまうこともあります。

うつ病というのは、流れの急な川のようなものなのかもしれません。

うつ病という激流で足掻くということは相当なエネルギーが必要になります。

それよりも、流れに身を任せる覚悟と勇気を持てたほうが結果、良い方向へ向かうのではないでしょうか?

いつしか流れも緩やかになり広い海へと続いていくのですから。

 

前回の記事「全ての出来事には必ず理由がある」と書きましたが

js0nは、この開き直りから症状だけではなく自分の周りで起こる出来事までが好転していきました。

f:id:free_Json:20210416092202j:plain


 

 

最後に

 

f:id:free_Json:20210416091924j:plain

それから7年が経ち今はうつ病を患う前のような生活を送ることができています。

 

ただ、js0nはうつ病」が完治したとは今も思っていません。

何故なら、どんな些細なきっかけでも、うつ病が再発する可能性があるからです。

 

「自分がうつ病になることはない」と思っている方ほど気づくのが遅れて深刻な状況になってしまうことだってあるのです。

 

もっと、自分の心の声に耳を傾け自分をケアしてあげてください。

 

冒頭のチェックリストを参考に早期の自覚とメンタルケアを心掛けてみてはどうでしょうか?

 

少しでも皆さんの力になれれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

#43 「バシャール思考と潜在意識の可能性」

どうもjsonです。

以前にも記事で書いたバシャールについて、そして意識の潜在的可能性についてリレーしていこうと思います。

 

バシャールについて

バシャールとは、オリオン座の近くに位置する「エササニ」という星にいる地球外生命です。

アメリカのチャネラー「ダリル アンカ」さんを通して様々なアドバイスをしています。


f:id:free_Json:20210411101218j:image

 

バシャールが伝えたいこと



f:id:free_Json:20210411144527j:image

地球外生命であるバシャールが私たち地球人に伝えたいこととは一体、何なのか?

私たち地球人は、元々、地球にいたのではなく地球外からやってきた生命であり近い将来、私たちはその事に気づき、新しい進化を遂げ宇宙とも繋がりを持つようになると伝えています。

そして、私たちに「常にワクワクすることを選びなさい」と繰り返し伝えています。

 

ワクワクとは何か?


f:id:free_Json:20210411144539j:image

漠然とワクワクと言われても・・・と思う方もいるでしょう。

バシャールの言う「ワクワク」とは、何なのでしょう?

 

バシャール曰く、宇宙からは常にパワーが贈られていて自分が望めば望んだエネルギーを与えてくれると言うのです。

 

ただ、そこで障害になっているのが私たち地球人の「固定観念」や「先入観」の存在で私たち地球人は、「苦労しないと幸せになれない」とか、「良いことばかり続くはずがない」とか、根拠のないマイナスの観念に捕らわれていてそこから抜け出せないでいると。

 

そして、「目に見えているものが現実として認識」されていたり、「時間もまた同一線上に過去・現在・未来と進んでいくもの」という固定観念があり、ずっとその殻を破れずにいると。

 

何だか胡散臭く感じてしまったり難しく感じてしまう人もいるかもしれません。

ただ、このバシャールの考え方というのは、信じて実践することでプラス思考にもなっていくものなので知っていて損はないかと思います。

 

バシャールの考え方


f:id:free_Json:20210411144416j:image

下記のバシャールの考えを自分なりに解釈してみると「潜在意識」というものが大きく影響していて知らないうちに現実世界に影響を与えているのではないか?と思うようになりました。

時間という概念は地球人が作り上げた幻想であり過去も現在も未来も俯瞰的に見ると同時に存在していているもの。

時間という概念は人間が作り出したものならば「楽しい時間」はあっという間に過ぎ「辛い時間」は長く感じるというのは、「感じる」のではなく「物理的に長い」のではないか?と思うようになりました。

意識の影響で1秒という時間を長くも短くもできたり、過去や未来に自由に行き来する能力が本来、人間にはあるのではないでしょうか?

 

「目の前に見えているもの=現実」ではなく
「自分の望んだ世界=現実」である。

人間は、目に見えているものを信じます。

ただ、夢もまた目を瞑っているのにも関わらず色んなものが見せています。

夢は寝ているときに見ているものなので非現実と定義されています。

その違いは、何でしょうか?

自分が普段、思っていることや考えていることなどが夢に出てくることがよくありませんか?

量子力学的には、意識した時点で初めてその対象となるものに時間と座標(位置)が与えられます。

 

 

ある夫婦の話でこんな話があります。

いつも奥さんよりも帰りの遅い旦那さんが珍しく早く仕事を終え帰宅しリビングでテレビを観てくつろいでいました。

その後、奥さんが帰宅。何故テレビがついたままなのか?消し忘れたのか?と思いながらリビングで旦那さんが隣にいることに気づかずにしばらくテレビを観ていると、いきなり旦那さんに話しかけられ腰を抜かすほど驚いたそうです。

「旦那さんは自分より帰りが遅い」という先入観が「部屋には誰もいない」という意識になり、結果、旦那さんの時間と座標(位置)を消してしまっていたのです。

 

人間は意識が向かないものは存在すら消してしまう力を持っています。

 

その反対に心霊的な怖いものは、「怖い」「霊がいるかもしれない」という意識が霊という存在に時間と座標(位置)を与えてしまっているのではないでしょうか?

 

そう考えると、見えているものを信じるのではなく今見えている世界は、自分が意識しているものが見えているのではないでしょうか?

 

現実の世界も夢の世界のように意識次第で自由に操作できるのかもしれません。

 

 

人間のマイナスの固定観念や概念が宇宙からマイナスのパワーを受ける原因になっている。

宇宙のエネルギーは望んだものを望んだ形で与えてくれるので自分が否定的な考えを持っていると否定的なエネルギーが自分に降り注ぐ。

だとすれば、「自分は不幸だ、良いことなんて何もない」と思ってしまえばその意識を助長するエネルギーが降り注ぎ負のスパイラルに陥っていくのではないでしょうか?

 

 

ワクワクすることがあなたの潜在能力を引き出してくれる存在であり宇宙からのパワーも最大限に受けられる。

自分が本当にやりたいことや、なりたい自分を表現することで常にワクワクでき結果、宇宙から更にワクワクするエネルギーを受けることができると感じます。

「ワクワク」が見つからない方は、少なくとも否定的な考えをせずに何かしらの人生の分岐点に差し掛かった時は自分が「ワクワク」できる方を選んでみてはどうでしょうか?

 

 

全ての出来事に偶然はなく完璧なタイミングで自分のもとへとやってくる。

js0n自身、7年前にうつ病を患い人生のどん底を経験しました。

ですが何故かそのどん底を機にすべての歯車が恐ろしいほどかみ合い偶然では片づけることが出来ない奇跡の様な出会いや経験が続くようになり今もまだ継続中です。

この経験からうつ病という経験は、自分にとってなくてはならなかった出来事だったんだと思えるようになりました。

どんな出来事にも必ず意味があるのです。

もしもあなたにマイナスの出来事が起きた時、イライラして嘆くよりも「何故、今こんなことが起きているのだろうか?きっと何か理由があるはずだ」と考えることができればその後、あなたに起こる出来事も変わっていくのではないでしょうか?

 

 

 

潜在意識の可能性


f:id:free_Json:20210411144436j:image

「嫌いだと感じた相手に好かれることはない」

こんなことを聞いたことがありませんか?

態度に現わさなくても無意識のうちに相手へ嫌いという意識を飛ばしそれを相手も潜在意識の中で感じているのではないでしょうか?

その逆も然りですね!

他にも日本に古くから伝わる「虫の知らせ」

自分の最期にお世話になった人や大切な人たちへ何かを伝えたいという強い意識が魂の移動のような現象を起こしているのかもしれません。

 

人間はそういった潜在意識による「テレパシー」や「テレポート」をもう既に使っているのかもしれません。

 

 

まとめ

バシャールのメッセージは「君たちの潜在的な能力はまだまだ眠ったままなんだよ!」と言っているような気がします。

本当の自分の能力に気づくためには自分が見ているもの、経験していること全てにバイアスをかけずに感じ、受け入れ、意識で向き合っていくことが大切なのではないでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

#42 「何度も見る夢」

前回は、ドリームタイムから時間の概念について書きましたが、今回は「無意識の意識」である「夢」についてJs0n自身が実際に経験し今も現在進行形で続いているお話をリレーしていきます。

 

 

何度も見る夢

 

f:id:free_Json:20210410153458j:plain

警官
「もしもし?Js0nさん?  警察です。もうわかってますよね?」

 

Js0n「はい・・・ご迷惑おかけしました。」

 

毎回、夢はここから始まる・・・

 

電話越しに「警察です」と言われた瞬間に全てを悟り、自分が過去に人を殺めていたという記憶が蘇る。

 

幸せな毎日を送っていたのに・・・

何故、今頃になって・・・

 

妻に電話をかけ、事情を説明し別れを告げる。

 

警察の到着を静かに待つ。

 

ここから先の夢の続きはない。

 

何故なら、警察から電話がきた時に、完全に忘れ去っていた過去が走馬灯のように一瞬で蘇るからだ。

自分がどう人を殺めたのか?どこに死体を遺棄したのか?などが鮮明に蘇る。

毎回、シチュエーションは異なるのだが、全く知らない人を土の中へ埋めるということは、共通している。

そして、夢から覚めてもしばらく夢だという実感がなく、現実世界で警察がくるのを待っている間に徐々に夢だと気づいていくのも毎回、同じ。

 

しばらく、「本当に夢?」「本当に人を殺めてない?」と何度も自問自答するほど夢と現実の区別がつかない。

 

 

 

これは、幼い頃からずっと定期的に見続けている夢の話であり、今もまだ見続けています。

 

 

夢占いでの結果

f:id:free_Json:20210410155801j:plain

 

たまに怖い夢を見る程度なら大して気にも留めないのですが、幼い頃から定期的に見ているとその原因は何なのか?が気になりネットなどで調べていると

 

 

埋める夢の意味

f:id:free_Json:20210410162736j:plain

 

「埋める」という夢の意味は「何かを忘れたい・隠したい」という意味合いがあるようです。 その時、自分の精神状態や状況がどんな状態か?を把握してみるとよいのかな?と感じます。

 

人を殺して埋める夢の意味(身近な人)

 

人を殺めて埋めるという夢は、「自立や主張」が強く関係しているようです。 殺めてしまった人が肉親や身近な人だった場合は親からの自立、友人・恋人との別れなど 今後、自立していく中での葛藤がこの様な夢の原因となると言われています。

 

人を殺して埋める夢の意味(知らない人)

 

全く知らない人を殺してしまい埋めるという夢は、「知らない人=自分」であり 更に、埋めるという行為で「心を閉ざしていて自分の気持ちを押し殺している」 という意味合いが強いようです。

 

 

まとめ

 

夢は、やはり「自分の中の無意識の意識」が作り上げた「仮想空間」なのでしょうか?

今回のような夢か現実かかからないような夢もあれば、明らかに夢を見ていると気づく夢もあったり、夢の続きを見たいと思えば見ることが出来たりと変幻自在の夢の空間・・・まだまだ解明できない不思議な空間なのかもしれませんね。

 

ただ、Js0nが定期的に見るこの夢は・・・自分の前世の記憶が関係しているような気がしてなりません・・・

 

信じるか信じないかはあなた次第です☝