free_Json's blog

自由気ままに発信します!

#40 「アボリジニとアイヌ民族の共通点」

今回は、アボリジニアイヌの共通点についてリレーしていきます。

 

アボリジニの悲劇


f:id:free_Json:20210407074300j:image

オーストラリア大陸は元々、50~100万人ほどのアボリジニが生活し言語で250、部族は700を超えていたと言われている。

ヨーロッパ人がオーストラリア大陸を発見し上陸した際に、伝染病を持ち込み島国であったオーストラリア大陸は伝染病に対する免疫がなく約7万人ほどまで減少してしまった。

その後、イギリスによる植民地化が進み、オーストラリア大陸に送り込まれたのは、罪人であり日本で言う「罪人島流し」的な扱いの罪人たちだった。

罪人たちは、「スポーツハンティング」という名目で多くのアボリジニを虐殺した。

その後も、スポーツハンティング・離島に置き去りにして餓死させる・毒殺などの虐殺が横行し人間として扱われない酷い状況が続いた。

その為、アボリジニは「死にゆく人種・死にゆく民族」と分類されるようになる。

この他にも、アボリジニの子供や混血児を親元から引き離し売春婦として扱われるなどでアボリジニアイデンティティを喪失させることとなり「盗まれた世代」「盗まれた子供たち」と呼ばれてる。

こんな想像を絶する悲惨な状況が続いたアボリジニだが1993年先住権が認められ1996年現在、アボリジニの人口はオーストラリアの全人口の2%にあたる約35万人になった。

 

 

アボリジニアイヌ民族の類似点

アボリジニアイヌ民族の類似点としてとして以下のような事が挙げられる。

 

自然崇拝や精霊(カムイ)が存在するという考え

 

アボリジニアイヌ共に、自然崇拝や万物に精霊や神が宿るという考えがある。

また、岩山や洞窟などを聖地とする部分でも類似点がある。

 

文字文化を持たない

 

アボリジニアイヌ共に文字文化を持たずその為、アボリジニの民族の中には、先述した悲劇の為、その民族の存在すら把握できないという悲しい事実がある。

また、先日の「やりすぎ都市伝説」でも取り上げられていましたが、アボリジニテレパシーで会話をする能力があると言われている。

 

独特な音色の楽器

 

まずはアボリジニに伝わるこちらのディジュリドゥという楽器をご覧ください。


www.youtube.com

 

 

続いてアイヌに伝わるムックリという楽器がこちら


www.youtube.com

 

 

どうですか?低音、高音の違いや奏法の違いはありますが音の響きなどが非常に似ていると思いませんか?

そして宇宙と交信しているかのような音色に感じてしまうのはJs0nだけでしょうか?

 アボリジニアイヌの人々は、現代の社会よりも宇宙と繫がりがあったような気がしてなりません。

 

最後に

この記事を読んでいただいた皆さんにお願いがあります。

Js0n自身、先日の「やりすぎ都市伝説」を見て「アボリジニ」という民族の存在を知りました。

そして、アイヌ民族との共通点を感じて記事にしようと思い、色々調べましたが、「アボリジニ」という先住民族が受けた悲惨な出来事を知り、悲しさ、無念さ、憎悪、様々な想いが入り交じり涙がこみ上げてきました。

それは、アイヌ民族が受けた迫害とも類似していると感じます。

二度とこんな悲惨なことは起こしてはならない。そんな気持ちにさせられました。

ですが、今、世界に目を向けると様々な所で人権問題や人の命を軽視するような行動が横行しています。

同じような悲しみが、今もこの世界のどこかで起きています。

大きくなくて構いません、心の中で強く願うだけでも構いません。

皆さん一人一人の小さな勇気や行動を何かしらのアクションとして発信してほしいです。

「皆さんの勇気が世界を変える」そう信じています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。