free_Json's blog

自由気ままに発信します!

#38 「羆の行動特性 ブラフチャージ」

前回は、アイヌ民族にとっての神の存在でしたが今回はアイヌの人々に「キムンカムイ」とされていた「羆~ヒグマ~」をリレーしていきます。

  

ブラフチャージ

 

f:id:free_Json:20210401102521p:plain

 

ブラフチャージという言葉を知っていますか?

 ・ブラフ(Bluff)   ・・・はったり・虚勢

 ・チャージ(Charge) ・・・突進・攻撃

という意味で「威嚇突進行動」とも呼ばれています。

これは熊の行動特性で相手(敵)の様子をうかがう目的で突進し相手(敵)を威嚇するという行動です。

突進し途中で立ち止まり地面を叩く等の威嚇をした後、後退するなど、攻撃目的ではないことが多いとされています。

羆とて人間に怖さを感じていて攻撃せざるを得ない状況になるとこういった行動にでようとします。

実際にこんなことが目の前で起こったら怖くて逃げちゃいますよね?

でもそれはやってはいけないNG行動です。☝

次の項では、ブラフチャージを受けた際、どういった行動をとるべきか?を書いていきます。

 

ブラフチャージを受ける(受ける危険性がある)原因

北海道の大自然の中で活動しているとどうしても避けられない羆リスク。

うっかり、バッタリ出くわした時のために、羆の行動特性をしっかりと知ることが大切です。

ブラフチャージを受けるまたは、受ける危険性があるということは、当然、羆もあなたの存在に気づいている状況です。しかも威嚇をしなければならないほどの理由があるはずです。その理由を考えてみましょう。

 

子熊を連れている

母熊は非常に母性本能が強く子熊に近づくものを敵とみなし攻撃します。

この場合は、ブラフチャージなしで直で攻撃してくる可能性も十分あります

 js0nも子熊を見かけたことがありとても愛らしいく近づきたくなりましたが子熊を見かけた場合は、とても危険な状況だということを認識しましょう☝

 

餌(羆の餌場や動物の死骸)が近くにある

羆は食べ物に対する執着が非常に強いです。

1度自分のものと認識した食べ物を奪われるまたは、

奪おうとすると攻撃対象になってしいます。

自分が羆の餌場のテリトリーに入っていないか?

近くに動物の死骸などがないか?確認することが大切です。

 

人間の存在に気付くのが遅れうっかりバッティングした場合

羆は視力が悪いと言われています。その分嗅覚、聴覚が優れていますが

強風で臭いが消されたり、沢の水の音などでお互いの存在に気付くのが遅れ至近距離でバッティングした場合、攻撃的な行動をとります。

気づきにくい状況(強風・水の音・先が見えない曲道等)では

自分の存在を知らせる手段をいくつか持っておくことが大切です。

ブラフチャージを受けた(受けそうな)場合の対応

とは言え、いつ羆と遭遇してしまうかわかりませんし最悪、ブラフチャージを受けてしまう(受けそうな)状況がいつ起こるかもわかりません。

そして、羆の突進行動がただのブラフ(はったり)なのか?

本気のチャージ(攻撃)なのか?は、羆にしかわかりません。

実際にこのような状況になった場合の対応方法を挙げていきます。

 

落ち着く・逃げない・小さくならない

・まずは落ち着くこと( 1番難しいかも(^-^; )

・背中を見せて逃げない。羆は逃げるものを追う習性があります。

しかも最高時速60Km/hという速さで走ることができると言われています。

逃げても無駄です。

・羆は小さくなるもの=弱いと認識します。しゃがんだりするのは危険です。

 

 

熊スプレーの準備

熊スプレーを携行している場合は熊スプレーの安全ピンを抜いて噴射準備に入りましょう。

風上に立って噴射するのが基本ですが緊急時は、目を保護しながら使うしかないでしょう。(Js0nは普段から紫外線対策も兼ねてアイウェアを使用しています。)

十分(3~4m)に引き付け一気に噴射します。(出来る自信がないw)

ただ、熊スプレーがあると精神的な安心感はかなり増すと思うので冷静さを保つという面で精神安定剤にもなると思います。

 

重要☝

普段からすぐ取り出せるところに携帯すること!Js0nは腰ベルトやザックのショルダーベルトにカラビナでつけて携帯しています。

 

 

 

大声を出す・自分を大きく見せる

最悪の状況になった場合は、大声を出し出来るだけ自分を大きく見せるようにしましょう。

高い所に登り、両手を上に広げて大声を出す。複数人であれば一か所に集まりより大きくみせることが効果的です。

 

 

攻撃を受けてしまったら

最悪の状況は絶対に避けたいですが万が一、攻撃を受けてしまった場合は、背中を丸め四つん這いになり急所を隠し、手で首(頸動脈)を覆い防御態勢を取りましょう。

羆の攻撃時間は1分程度と短いのが特徴です。

また、抵抗すればするほど攻撃時間が長くなるそうです。

死んだふりが有効と言われるのは、「抵抗しない(死んだふり)=攻撃をすぐやめる=命が助かった。」からきていると言われています(諸説あり)

 

 

まとめ

近年、北海道では羆の目撃情報が増加し、市街地での目撃例も増えています。

北海道でアウトドアを楽しむためには、しっかりとした知識と熊スプレーなどの熊対策グッズは必須といえます。

併せて、羆や自然の動物に餌やりなどの行為は絶対にしない様、強くお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。