free_Json's blog

北海道から 自由気ままに発信します!

#16『スープカレーとスパイスについて』


f:id:free_Json:20210223115801j:plain

どうですか?この写真! Sony α6600で撮影しました。

去年、急に「ミラーレス一眼を買いなさい」と神様からのお告げがあり嫁に内緒で40万オーバーの買い物をして大激怒された、どうもJs0nです✋w

定期的に食べたくなる道民のソウルフードスープカレー」・・・北海道の旬の野菜にどでかいチキンたまりませんな♪

そもそも「スープカレー」ってしゃばしゃばなカレー?スープ?何なの?って疑問を感じた方もいるかと思います。そんな疑問にJs0nの独断と偏見でお答えします☝

※あくまで、私的な意見です。

 

スープカレー」は「ラーメン」の親戚

なんのこっちゃでしょ?ただ、作り方がラーメンとよく似ているんです。

豚骨スープや鶏がらスープをベースに味噌、塩、醤油を加え麺を入れればお馴染みのラーメンの出来上がり。

豚骨スープや鶏がらスープにスパイスを加え素揚げの野菜とお肉を加えればスープカレーの出来上がり。

ほらね?よく似てるでしょ?味噌、塩、醤油がスパイスに変わっただけでスープカレーが出来ちゃうんです。

ラーメンの激戦区、そして美味しい野菜が採れる北海道だけにスープカレーが誕生したのも頷けます。

ということでスープカレーはカレーと似て非なるものでありどちらかと言えばラーメンに近い料理ということになります☝

 

 

スープカレーを作る際の留意点

スープカレーとは何ぞや?がこれで少し理解していただけたかと思います。

前回スープカレーのレシピを書きましたが。Js0nがスープカレーを作る際に特に意識しているポイントをご紹介します。

  1. 甘味・苦味・酸味・塩味のバランスを意識する
  2. スパイスの特性を理解する

甘味・苦味・酸味・塩味のバランスを意識する

f:id:free_Json:20210223134623p:plain

引用 「強すぎない!絶妙な味のバランスのとり方|CHEF CREATE」

 

そんなの当たり前だと思うかもしれませんがJs0nはどの食材や調味料を使っていくか?はあまり重要視していません。

例えば甘味の場合はチョコレートや甜麺醤、ハチミツ等を使ったり、

酸味はレモン、梅肉バルサミコ酢を使うこともあります。

大切なのはバランスであり何でバランスをとるかは自由です。どの材料を使っても最終的にはいつもの味に落ち着いてくれます。

※追記  急に閃いたのですが、塩味は味覇などを使わず先にコンソメで野菜スープのベースを作ってからカレーパウダーを入れても案外スープカレーになるのでは?と…

まだ試してないので今度試してみます✋

スパイスの特性を理解する

f:id:free_Json:20210223113156j:plain

スパイスは沢山ありすぎて何を使ってよいか迷ってしまいますよね。でも大丈夫スパイスを上手に使うポイントをご紹介します。

 

パウダースパイス

f:id:free_Json:20210223140440j:plain

スパイスと言えば粉状のスパイスをイメージする方が多いのではないでしょうか?

スーパーでも沢山のスパイスが陳列していて何を買ってよいか?わかりませんよね?

なのでまずはこちら👇をご覧ください。

f:id:free_Json:20210223140711j:plain 

カレーパウダーA

f:id:free_Json:20210223140803j:plain 

カレーパウダーB

f:id:free_Json:20210223140849j:plain 

カレーパウダーC

各メーカーから販売されているカレーパウダーです。原材料を見てみると沢山のスパイスが既に入っているではないですか!!だから基本これだけでも十分なのです。

そして3つのカレーパウダーの原材料を見てもわかる通り、ターメリックコリアンダー・クミン・フェネグリーク・チリペッパー(唐辛子)・カルダモンなどほとんど共通したスパイスが入っています。要はスパイスの配合する分量の違いだけなのです。

続いてこちら👇

f:id:free_Json:20210223141918j:plainf:id:free_Json:20210223141950j:plain

仕上げに振りかけるホットガラムマサラですがこちらの原材料もほぼ、カレーパウダーと同じスパイスが使われているのです。

これは、仕上げにアクセントをつける目的もありますが、スパイスが熱に弱く香りや風味がどうしても飛んでしまいパンチが弱くなったのを補う目的があります。

インド地方では各家庭で好みのスパイスを調合して唯一無二のオリジナルガラムマサラ(家庭の味)を作っています。結論、ガラムマサラというスパイスはなく、ガラムマサラ=色々なスパイスの集合体を意味します☝

Js0nはカレーパウダーをベースにして、クミン・カルダモンを追加で配合しています。

スープカレーを作りなれてきたら少しずづ自分の好みのスパイスを追加で足してみるのもオリジナル感がでて楽しいですよ♪

 

 ちなみにJs0nおススメのカレーパウダーはこちら👇

 

ホールスパイス

f:id:free_Json:20210223144457j:plain

ホールスパイスとは植物の種子などを乾燥させたほぼ原形のスパイスのことを言います。香りが強くカレーやその他の料理でもより本格的になります。

「どうやって使うねん!」って思うでしょ?

今回はよくJs0nがよく使うホールスパイスを2つに絞って紹介していきましょう。

 

カルダモン

f:id:free_Json:20210223150642j:plain

スパイスの女王と呼ばれているカルダモン。上品な香りは女王の名にふさわしい圧倒的な存在感があります。

疲労回復効果や整腸作用もあると言われています。

圧倒的存在感だけに、入れすぎ注意!ほのかに香るくらいがベスト☝

 

クミンシード

f:id:free_Json:20210223151623j:plain

ザ・カレーと言うくらいカレーの香りの主成分となっているスパイスです。

中世ヨーロッパでは「心変わりを防ぐスパイス」とも言われていたそうです。

抗炎症、鎮痛、抗ウィルス、抗菌等々、コロナ禍においても積極的に摂取していきたい万能スパイスです。

 

 

テンパリング

f:id:free_Json:20210223155441j:plain

テンパリングとは油にスパイスの香りや風味を移す作業です。

どのやり方が正しいかはわかりませんがJs0nが普段やっているテンパリングの方法を紹介します。

1.サラダ油(大匙2程度)を弱火で熱する。

2.カルダモンホール(3~4個程度)を投入する。カルダモンがぷっくりと膨れてくる又は殻から破裂して黒い種が出てくることもありますが問題なし。

3.カルダモンを焦がさないよう注意しながらクミンシード(大匙1程度)を投入し15秒~20秒程度クミンシードが黒くならない程度で火を止める。

4.ホールスパイスは取り除かずにそのままニンニク、ショウガ、玉ねぎを炒めスープカレーを作ってもよし、苦手な人は取り除いてから炒めてもよし。普通にスープカレーを作り出来上がったスープカレーテンパリングした油をジュっとかけてもよし、使い方は様々です。

 

テンパリングをすることでワンランク上の味になりまっせ!

 

 

まとめ

いかがでしたか?スープカレーの作り方やスパイスの事を深堀してみました!奥が深いスパイスを上手に楽しく使いこなしてオリジナルのスープカレーを目指してみて下さい!

 

 

次回予告

冒頭で触れましたが次回は、一眼レフという無謀な買い物をした話をリレーして

「カメラを始めようと考えている方へ~ミラーレス一眼で生き方が変わった話~」をお届けいたします。お楽しみに!